Solid State


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新年あけまして卯年です!

新年あけましておめでとうございます。現在寺の手伝いの真っ最中ですが、iPodから
ちゃっかり更新中でございます。やはりこういう事は速度が大事かなと思うわけでして。
そんなわけで、我が家のお嬢様@ピズ(名前)の可愛い写真を載せてみます(笑
今年はうさぎブーム到来ですかね?

ひなたぼっこしてご機嫌です。

うさぎ

至福の表情(笑

うさぎ

横から見るとこんな感じ。

うさぎ

気持ちよくて大あくび(笑
あくび開始時から終了時まで連続撮影していますが、流石に全部載せると枚数が多いので
一番口を大きく開けている瞬間にしてみました。

IMGP0052_20101231021414.jpg

それでは皆様、今年も1年よろしくお願い致します。


スポンサーサイト
  1. 2010/12/31(金) 02:22:35|
  2. うさぎ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今年最後の更新

年末年始は大忙し・・・昨日今日も朝からバタバタしてました(滝汗
掃除洗濯温泉(マテ)Etc...流石年末と言うだけの事はあります。
今回の更新で変電所跡が終了し、次回から現場入り致します。
ちなみに明日は友人の実家@寺の、除夜の鐘突手伝い(10年目?)なので、
終日不在になる予定です。皆様も良い大晦日と新年をお過ごし下さい。


ココはとにかく色々なメーター類が散らばっている。
中身も見えてますし、メーター好きの人にはたまらないかもしれません(笑

小串鉱山

これは何処だったかな? 確かここから盤の裏側を覗いた気がします。

小串鉱山

もう一つあった部屋は、壁が完全になくスッキリとしてます。
足場が一番悪い所でもありますし、一番イマイチの場所でした。
ただ、ここから見上げた空はとても綺麗だった。

小串鉱山

そしてうろうろしていて振り返ったら、目の前数十センチの所に屋根から
伸びる木の棒が(汗 廃墟は危険が一杯です、足下もそうですが頭上も
要注意です。場所によってはヘルメットがあった方が良いなと思いました。
これを皮切りに、嫌な予感が漂いはじめます。

小串鉱山

さて、年明け1発目が小串鉱山の現場からとなる予定ですが、こちらは色々と悲惨です。
その時の私の顔を見せてあげたい・・・(苦笑 写真の枚数は非常に少ないのですが、
とても色々な事がありました。


  1. 2010/12/31(金) 00:09:54|
  2. 小串鉱山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

変電所跡2回目

今日はやけに寒い1日でしたが、皆さん如何お過ごしでしたか??
そろそろ大掃除やら年末年始の準備で忙しくなるのではないかなと。
ちなみに私の会社は今日が仕事納めですが・・・意味不明な事に、明日明後日と
強制的に有休が2日執行され、それで休みになるんですよね。毎年文句言ってますが、
未だに治らない悪しき習慣。強制執行するなら、会社として普通に休みにしろと(苦笑


それでは奥の部屋に入っていきましょう。しつこいようですが、足下が瓦礫で非常に
悪いです。ついでに入り口も大変低いため、頭上に注意して入る必要がありました。
この時ほどヘルメットが欲しいと思った事はありません(汗

小串鉱山

これはブレーカーかね? 正直電気系は専門っぽいけど専門外だから。
残留物としては瓦礫がほとんどですが、こういうメーター類は結構ありました。

小串鉱山

誘導型過電流断電器?何でしょうね~これは。
そしてアングルがなんかおかしいのは気にしないで下さい。

小串鉱山

上のメーターとセットになってるので、遮断機でしょうか?

小串鉱山

操作盤の裏側ですが、これ以上は体が入りませんでした。
もう少し面白く撮れれば良かったんですけどね・・・

小串鉱山

こんなのが転がっていたり。
メータ読みでMAX400kwまで対応してるっぽいですね。
それなりの規模の変電所だったという事でしょうか。

小串鉱山

こいつもなんだかよく分かりませんが、見ていて気に入った物品。
しかし、足場は悪いわ頭上は危ないわで、やっぱりしっくり撮れてない。
後は300mmの望遠だけ持っていったのが正直失敗だった。もっとマクロ撮影が
出来るレンズがあれば、また違った撮影方法があったのにって今更ながら思う。

小串鉱山

もう1回ぐらいこの変電所で、その次に小串鉱山の現場となります。
おそらく年明け1回目の更新になる予定ですが・・・悲劇はそこから始まった。


  1. 2010/12/28(火) 23:08:29|
  2. 小串鉱山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

小さな変電所

運動して水分不足状態で昼寝したら、目覚めてから頭痛が酷くてちょっと大変です。
それはそうと、今日はなにやら豪雪情報が目白押しでしたね。皆さんのお住まいの
地域は大丈夫だったでしょうか? こちらは庭にズラッとそびえ立つ霜柱が出来た
ぐらいでした。スキーヤーとしては雪が降るのは嬉しいですが、余り酷いのも困り
ものです。

草木をかき分けで前進します。まず目に飛び込んでくるのは完全に剥がれた壁。
そして屋根は鉄筋の躯体のみ。

小串鉱山

側壁が崩れ落ちている場所があり、ここから中に入ってみます。

小串鉱山

入ってすぐ目の前に現れたのは崩れ落ちた残骸達。
木片・コンクリ・鉄板・ガラス片・Etc... 足場もかなり悪い。
ブーツでなかったらちょっと侵入は控えたかもしれません。

小串鉱山

そのまま上を見上げると、すでに崩れ落ちた屋根の先に清々しいまでの
青空が広がっていました。なんか良いなぁ、こういうの。

小串鉱山

こちらは侵入してきた側。壁崩れて大きな穴が開いているのが分かります。
今見ていて気づいたのですが、折角300mm持ってきてるんだから右上の
窓とか撮ってみたら面白かったかもしれませんね。

小串鉱山

この変電施設ですが、奥と右側にもう一部屋?ずつあります。
右側は空が綺麗で、奥側には設備が色々と残っていました。

小串鉱山

天井から伸びているコンセント。やけにプラグ穴が小さい気がします。
ちなみにこのコンセントですが・・・4枚目の右側に天井から垂れている
配管が見えるかと思います。この先に接続されていました。

小串鉱山


  1. 2010/12/26(日) 20:57:40|
  2. 小串鉱山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマスイルミネーション

皆様如何お過ごしでしょうか? 今日は小串鉱山を少々お休みし、クリスマスらしく
イルミネーションなどをお送りしたいと思います。やはりイルミ撮影は難しく、構図含め
どうしたものかなぁ・・・と言うものも多々ありますが、それはそれで楽しんで頂ければ幸いです。
余談ですが、先日始まりの地へ(厳密に言えば伊豆ですが)今年最後の挨拶に行って来ました。
彼は以前と変わぬ姿でそこに佇んでいた。この時の模様はまた後日公開していきたいと思います。

まずは川崎マリエン前。丁度この日に新しい技を覚えたばかりで、色々試行錯誤。
私の友人には「雪だるまがクリーチャーに見える!w」と、好評?でした(笑

イルミネーション

そして川崎に行ったらこれでしょう(笑 以前より一段高い位置から撮影していますが、
やはり前の建物が邪魔なので更に上に行って、格好良く撮りたいです。
新しいスポットも幾つか見つけましたので、合間を縫って公開予定。

工場夜景

ここからは東武動物公園の夜間イルミネーションになります。(入園500円)
正直もう少しカラフルでも良いんじゃないかと思いました。
まずは入り口を入ってすぐの所。でっかい木が綺麗にデコレーションされてます。

イルミネーション

見上げてみましたが、イマイチすぎるアングルです(汗

イルミネーション

池の周りを周回している歩道は緑一色!

イルミネーション

奥の方にはこんな歩道もありました。
こちらはピンクと白で良い感じに彩られていましたね。

イルミネーション

今回一番気に入っているのがこのメリーゴーランド(笑
まだ工夫が必要ですが、私なりにちょっと満足しています。

イルミネーション

こんなアシカさんが飾られていたり、、、

イルミネーション

小さな生け垣の中も綺麗になっていました。
そう言えばサンタクロースとか、動物があまりいなかったなぁ。

イルミネーション

では皆さん、良いイブとクリスマスをお過ごし下さい。
次回は小串鉱山の変電所跡からスタートです。


  1. 2010/12/24(金) 22:38:32|
  2. 夜景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

明日は久々の散策かな

なにやらお天気も良さそうなので、久しぶりの散策に出掛けてきます。
日出が見れると嬉しいんだけど、そんな時間に到着出来るだろうか・・・(汗
何はともあれ、今年1年?の締め括りとなりそうなので、楽しみな反面後で写真を
見返すのがちょっと恐かったりもします。さてさて、どうなる事でしょう(笑
安全第一で楽しんできたいと思います。

こちらが到着した小串お地蔵堂(右側)と、土砂崩れで犠牲になった方達の慰霊碑です。
側にベンチとテーブルや、わき水?もありゆっくりと休息出来るスペースがあります。
風通しも日当たりも良く、これでもう少し日陰があれば良かったかな。

小串鉱山

この看板はお地蔵堂の側にあった物です。この小串のお地蔵様に付いて
【家内繁栄:根性と力が授かります】と書かれているではないですか!
根性と力ですよ皆さん! 参拝必須です! 私としては気合も欲しかった(笑

小串鉱山

そんなお地蔵堂の所にあるのがこの旧マップ。昔は色々な施設があったんですね。
現在地は、地図右下から伸びているラインの終点ちょっと手前です。
目指すは小串マーケットと小串小中学校なのですが・・・(苦笑

小串鉱山

まずはお地蔵堂のすぐ側にある変電所跡を見ていきたいと思います。
かなり老朽化が進んでおり、屋根は完全に剥がれ落ちボロボロに。

小串鉱山

夏場という事もあり、草木に覆われてしまっています。
はたして中はどうなっているのでしょう??

小串鉱山


  1. 2010/12/22(水) 23:52:27|
  2. 小串鉱山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

一応徒歩道というべきか・・・

昨晩はちょっと川崎まで出張ってきました。首都高が渋滞していた事から、TKGだけ食べて
18時半頃出発し、帰宅したのが23時半頃。お腹ぺこぺこで今にも倒れそうでした。でも今回は
色々と収穫があったので、良しとしましょう(笑 その後写真整理なんてやり出したから
結局寝たのは午前3時という有様。今日は1日眠気との戦いでした。

フラフラ歩き始めると、小串「お地蔵堂」参道 車道4km、徒歩道路1kmの看板を発見。
いくら高地で涼しいとはいえ、4kmも歩く気力はありません。

小串鉱山

そして100mほど進むと、徒歩道路入り口の看板が出てきます。
「小串お地蔵堂まで約900m 元気に歩きましょう!!」と書いてあります。

小串鉱山

ご覧下さい!! これが徒歩道路入り口ですorz
ひとしきり笑い転げた後、折角なので注意しながら渡りました。
もちろん横から回避可能なので、橋?がある意味がほとんどありません。

小串鉱山

眼下に広がるのは草木に埋もれそうな徒歩道が・・・実際場所によっては
左右の草の高さが2m近くある所もあり、かき分けて進む必要があります。
もちろん山沿いの道なので、アップダウンは結構激しい。
↓つけてある部分が徒歩道路です。

小串鉱山

場所によってはこんな感じの所もあります。
右側にポールが立っていますが、ココが徒歩道になります。
地質の都合上非常に崩れて滑りやすいため、注意が必要です。
実際滑って転びそうになりました。

小串鉱山

いよいよ小串鉱山も目前に!!! 正直この時点でだいぶへばってます。
次回は小串お地蔵堂と、そこにあった旧小串鉱山マップ、そしてすぐ側にある
廃変電所跡をお送り致します。

小串鉱山


  1. 2010/12/20(月) 21:05:47|
  2. 小串鉱山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

長野と群馬の境目

今日は友人と秋葉のワシントンホテルでランチバイキング@1,000円に行って来ました。
選べる種類は少ないけれど、結構美味かったのでお昼時に立ち寄るのは良いかも。
個人的に本日のパスタとカレーが良かったかな。後はシソを使ったゼリーとか(笑
何だかんだで結構散財した1日でした。

さて、現地に到着するまでが非常に紹介しづらいのですが・・・気長に風景でも
楽しみながら見て頂ければと思います(笑 これは毛無峠山頂から見た長野側。

小串鉱山

この看板は有名ですね!!
ココが群馬と長野の県境になっています。

小串鉱山

眼下にうねりまくった道が見えますが、これは車道で工事車両等画が通行します。
最初これを歩いて降りるのかと思ってゲンナリしました。初見でやる気をなくさせる
長さですね~夏場は特に(笑

小串鉱山

仕方なく歩き出した直後かな? 奥に見えるのが小串鉱山跡。
写真で見ると近そうに見えますが、実は結構たどり着くのが大変です。
オフロードバイクなどがあればすぐだと思いますけど(汗

小串鉱山

非常に良い天気で景色も良く、出だしは好調! 道幅も広く、これなら余裕だなと
思い始めましたが、そんなはずがあるわけもなく(笑 この先で徒歩道路に分岐し
超ショートカットを試みるのですが、凄い道でした・・・次回紹介します。

小串鉱山

少し下った所からも鉄塔がちらほら見えます。
鉱山跡もそうですが、鉄塔も凄く見たかったので大興奮!
そびえ立つ鉄塔に大興奮している私はある意味不気味だったかも、と後々思う(笑

小串鉱山


  1. 2010/12/18(土) 17:47:50|
  2. 小串鉱山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【K-5】センサーステイン不具合の件

小串鉱山の公開をはじめた直後ですが、最近急激に増えているPentax K-5のセンサーステイン
について、昨日愛機のK-5を新宿のPentax スクウェアに持ち込んできましたので一応ココでも
ご報告ついでに情報を載せておこうと思います。昨日リアルタイムでTwitterにも書いた内容と
重複する部分となりますが、その点ご容赦願います。また、私の主観が若干入っていますし、
Pentaxからの公式アナウンスもまだなので、その点もご理解下さい。いやぁここ数日本当に
色々ありすぎて大変でした。


■センサーステイン
イメージセンサ(CCD)と、その前に取り付けてあるローパスフィルタ(LPF)の間にゴミが
が混入しており、通常のブロアやセンサークリーニングでは除去出来ない個体が数多く報告
されている。大きさや規模は個体差があるが、私の個体はF8あたりから徐々に見え始め、
F11でゴミがあると言われて探せば誰でも見つけられるレベル、F16で即発見可能という感じ。
つまり、清掃不可能なゴミが心臓部であるCCDに付着しており、撮影するとゴミが写り込む
と言う事です。実際にどんな物かは下記の写真を参照頂ければ分かりやすいかと。


■実際の写真(1024×678 クリックして拡大頂いた方が良いかも)
まずこれは13日の月曜日にチェックした時の物です。目視確認出来たゴミには赤丸で
マーキングをしておりますが、総計20個(塵ゴミ19個 ステイン1個)です。

センサーステイン

ステイン箇所を等倍にした物です。小さなゴミが密集しているのが分かるかと思います。
これがCCDとLPFの間に混入してしまった異物ですね。中心部が黒く、周囲にフレアが
出来ているのが特徴です。人によっては、糸状に横長になっている事もあるそうです。

センサーステイン

これは以前ご近所の土手で撮影した写真です。私は写真を撮るときかなり搾る傾向があり、
F22で撮影しています。ぱっと見分からないと思いますので、上記のステイン箇所を等倍に
してみます。(塵ゴミも結構写り込んでますが・・・)

センサーステイン

該当箇所を等倍にするとこの様に写っています。と、この様に結構写り込んでしまうのです。
カメラの心臓部かつ、通常清掃が不可能なため少々困った事態に発展しています。

センサーステイン

■新宿Pentax スクウェアでの話
昨日の夕方持ち込んで清掃とチェックをして頂いた所、予想通りCCDとLPFの間にゴミが
混入しているとの事でした(センサーステイン確定)。また、今後の対応等については
下記の通りご回答を頂きましたので、K-5をお持ちの方がお近くにおり、同様の症状で
悩まれている場合は、それとなくお伝え頂けると良いかと思います。ただし、現状
Pentaxから公式アナウンスが出ておりませんので、その点ご了承下さい。
また、説明を受けた内容を分かりやすくQ&Aで簡潔にしてみました。

Q:原因は?
A:現在調査中です。
  (昨日の夜中?に米Pentax社長が調査してると発表?しました。
   Pentax Japanからは、原因が確実に判明してからアナウンスするようです)

Q:今後の修理については?
A:現在工場側で修理体制を整えており、1月末頃に体制が整う予定です。

Q:修理方法は?
A:LPFを外しての分解清掃になるか、センサー本体の交換になるか調整中です。
  (しばらく入院するのは確定ですね)

Q:取りあえず愛機どうしましょう?
A:今日預けて頂いても、修理体制が整う1月末以降のお渡しになってしまうので、
  お客様には大変ご不便をおかけしまして申し訳ありませんが、本日はお持ち帰り頂き、
  修理体制が整うまでご使用頂ければと思います。
  (私もカメラ無くなると困るので、回収されなくて良かった(笑 また、試写画像を
   数枚見せて頂き、どのぐらい搾ると現れてくるかなど説明して下さいました。
   で、私のはF8ぐらいから出てきてF16で~みたいな事が判明したと)

Q:ところで、結構報告来てます?(持ち込みとかTELとか結構ありました?)
A:色々なお客様から問い合わせや持ち込みを頂いております・・・。
  (私が行ったときに、K-5をもって受付で話をされている方がいました)

Q:修理体制が整ってから連絡は?
A:準備が整い次第本日ご記入頂きました電話番号にご連絡させて頂きます。


■まとめ
新宿のPentaxスクウェアスタッフの対応は大変良く、清掃から試写画像の確認や
現状の説明まで1つずつ丁寧にして下さいました。今回の件、上記の通りQ&Aに
しましたが、いってしまえば「原因調査中で、修理体制は1月末に整う予定、
今預けて頂いてもお返しは1月末以降になってしまう」という事ですね。
何か不明点や気になる事があれば、Pentaxに問い合わせてみると良いと思います。
どちらにしろ、対策は1月末以降って事ですね。K-5は凄く良いカメラだと思うので、
Pentaxさんには頑張って欲しいと思います!! まぁ場所も分かったのでレタッチで
補正しつつ、今まで通り使うつもりですがね(笑


■ゴミチェック方法@手っ取り早いやつ
マニュアルフォーカスにする、ピントを∞にする、絞りをF16~22にする、白い紙を撮す!!
ゴミチェックなので、手ぶれは関係ないのでお気になさらずに(笑
ちなみに白い紙がない場合は、PCモニタ上にメモ帳最大化してそれを撮るのでもOKです。
シャッタースピードは環境に合わせて適当に変えて下さい。私はF20の0.8Secでやりました。


  1. 2010/12/16(木) 21:07:37|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:27

小串鉱山と変電所

ちょっとホットな話題で、愛機のPentax K-5のセンサーステインがらみの話も出そうと
思っていたのですが、明日新宿のスクウェアに持ち込んで確認してもらうので、正確な
情報が出そろい次第こちらでも報告していきたいと思います。どうやら初期ロットで
かなりの数が報告されている模様。うちの機体も例外ではなく、調べたら出てました。
さて、鉄剣タローでも載せようと思いましたが、今日から小串鉱山跡にしようかなと(笑


■小串鉱山とは
小串鉱山は「群馬県嬬恋村小串」にあり、かつて硫黄の採掘をしていた鉱山です。
硫黄鉱山系の廃村としては松尾鉱山に次ぐ規模で、廃村規模は小倉沢に次ぐらしい。
しかし、かつての村の後は綺麗サッパリ無くなってしまっており・・・ごく一部が
点在しているだけである。また、非常に地滑りが起こりやすい地質のため、昭和12年に
小串鉱山街を襲った地滑りで、245名の犠牲者を出しており慰霊碑が建てられている。
ちなみに色々散策しましたが、もの凄いボロボロの地層で登り降りで酷い目に遭いました(汗
そうそう、この小串鉱山だが平均標高1600mというかなりの高地にあるので山頂尾は寒い。


9月初旬の朝7時48分、万座方面から毛無峠(けなしとうげ)の分岐に到着。
今回は長距離と言うこともあり、弟のミラージュを出してもらいました。
機械式LSDが入っていたり、ジムカーナ用の足になってたりGTウィングが(略)
でも私の愛車の倍以上走りますからね・・・(汗
少々わかりずらいかもしれませんが、この時期なのにかなり霧が出ていました。

小串鉱山

2km?ぐらいある悪路を通り、毛無峠山頂に到着です。真夏なので半袖で
来たのですが、外は風が強くもの凄く寒い! たぶん10度ぐらいだと思う。
山頂には車を止められるスペースがちゃんとあるので、安心です。

小串鉱山

駐車場から来た方向を撮影。正直「なんか凄い所に来てしまった・・・」と思った

小串鉱山

こちらが山頂にある超有名な5連鉄塔。目の前まで登っていけるので、至近距離での
撮影も可能です。今回は遠距離になりそうだったので、TAMRONの300mm1本のみ。

小串鉱山

■補足
この時期の毛無峠は冬季通行止めになっています。
開放されるのは・・・確か5月頃だったかな??


  1. 2010/12/14(火) 17:40:23|
  2. 小串鉱山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

雪村 柚鈴(ゆきむら ゆず)

Author:雪村 柚鈴(ゆきむら ゆず)
今日も元気に生きてます。HP作って約10年、、、その後引退してまた帰ってきました。今度は何をしましょうか? 以前のように何かを作るのはやめて、ネタ情報や写真、旅の記録を載せていこうと思っています。

今は写真を撮りながら自分探し中。愛用機はPentax K10D→K-5! カメラ負けしない写真を目指して頑張ります。ちなみにちゃんと写真撮り始めたのは10年6月頃だったり・・・

最新記事

カテゴリ

雑記 (49)
廃墟と廃っぽい所 (173)
単発廃写真 (18)
廃ループ橋 (7)
隔離病棟 (13)
廃ロープウェイ (10)
廃線 (12)
大久野島 (21)
土合駅 (8)
小串鉱山 (11)
大仁金山 (3)
玄岳 (5)
大谷資料館 (13)
廃資料館 (16)
廃宿泊施設 (11)
K海軍航空隊基地跡 (5)
廃割烹料亭 (2)
廃トイレ (3)
房総半島 (12)
紡績 (1)
夜景 (13)
工場 (7)
Etc... (3)
未分類 (15)
首都圏外郭放水路 (4)
鉄剣タロー (2)
HDR (1)
うさぎ (6)
ニコ動 (1)
食べ物・飲み物 (9)
ドリンク (5)
甘味 (4)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク


 リンクフリーです


にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ にほんブログ村 写真ブログ 夜景写真へ
にほんブログ村

このブログをリンクに追加する

注意

当HPでは廃墟写真を取り扱っておりますが、廃墟探索を推奨するものではありません。当サイトの情報を元に探索し、事件・事故・トラブル等が発生しても一切の責任を負いません。

また、全コンテンツの無断転載を禁止致します。何かありましたら、☆を@に変えて下記連絡先までお願い致します。ghct9a☆gmail.com

カウンター

Twitter(試験導入)

TweetsWind

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。