Solid State


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

何も無い空間、、、

土曜日は結局雨のため伊豆小旅行は中止となりました・・・。
流石に雨の中あちこち回るのは危ないですからね(汗
一応来週再チャレンジしてこようと思いますが、また微妙にお天気が悪そうで。
はたしてどうなる事やら。ちなみに今日は友人10名と多摩川でBBQやってました(笑
土日の雨で増水していないかちょっと心配でしたが、超晴天に恵まれ絶好のBBQ日和。
たまには気の合う仲間で集まって、ワイワイやるのはホント楽しいですね。

正面奥が入ってきた所で、すぐそばにあった鉄階段を上ると右側の2階へあがる事が出来ます。
2階から見る風景もまた格別なんだろうなぁ。今度行く機会があれば、慎重に登ってみよう。

大久野島

これが入ってきた所。
最初の1枚目は、入り口を入ってすぐの所から撮影していました。
こちらは天井が結構低いですが、それでも何もなさ過ぎて妙な開放感があります。

大久野島

2階の窓から覗いてみたい。
それにしてもここはとにかく落書きが多いです(苦笑
しかもかなり高い位置に書かれているので、いったいどうやって書いたのか疑問。
この縮小している写真では分かりづらいですが、左側の窓の上には【S49.8.7】と(汗
昭和は64年で終わって、現在平成22年。ざっと32年前の落書きになります。
他にも探すと古い物から新しい物まで沢山・・・

大久野島

窓の外に見える緑が素敵です。
これで外がクソ熱くなければ最高の癒し空間なんですけどね。

大久野島

今回のお気に入りの1つ。
正面扉の左側にちょっと光が差し込んでいるのが気に入っています。
崩れかけた窓や扉から外を眺めるのってなんだか不思議な気分。

大久野島

これも中から外を取ってみた所。もう少し内部を暗くしても良かったんですが、
それだと何がなにやら分からなくなったので。

大久野島

本日のうさぎさん。
うさぎ様「いよぅ! こんな所でなにやってんだ?」

大久野島

ちょっと上の方を撮った写真が多くなってしまいました。
次回はもう少し下の方を掲載出来ればと思っています。
2階部分には行けてませんが、1階部分はバッチリ撮ってきましたし(笑
ただし、むちゃくちゃ虫が多くて始終虫との戦いでした・・・


  1. 2010/10/11(月) 20:56:03|
  2. 大久野島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そこに広がるのは・・・

明日は伊豆辺りに日帰りで行こうと思っていたのですが、なにやら雨予報が。
雨天の散策は危ないと思いますし、日程変更確定ですね。せっかくの3連休
初日なのに、ちょっと残念です。1ヶ月ほど前に小串鉱山跡に行ってから、
その後忙しくて何所にも行けてないんですよ(汗

■大久野島マップ
探しているのですが、未だに見つかっていません。
地図があるとそれぞれの物件の位置関係が良く分かるのですが、、、


前回の写真にある「外観写真」の、右の方の入り口から内部に入った所です。
入ってすぐにため息1つ、、、凄いっ!! 広くて残留物も特になく、空っぽの施設
ではありますが、白く高い天井と窓から差し込む日の光。とても素敵な空間がそこに
広がっていました。左側の鉄階段から上に登れますが、今回は止めておきます。

大久野島

現在地からさらに広い方へ足を向けてみます。下から見上げるように撮ると、
この広さが伝わるかな? 三脚を持ってきて一緒に写りたかったのですが、
流石に2kgの三脚を千葉からここまで輸送するのは至難の業。

大久野島

真っ白な天井。
天井のあちこちに当時の照明用?の穴が開いています。
時間帯や気候によっては、綺麗な光のラインが見えたりするかもしれませんね。

大久野島

地面には夏真っ盛り(7月下旬)と言うのに、落ち葉溜りが出来ています。
実は上から2枚目の写真に写りこんでしまっているのですが、カラスと格闘の末
やられてしまったうさぎ様がいました(泣 これも自然の摂理ですね・・・

大久野島

そしてこんな所にもうさぎ様が!!
外は暑いので、発電所内でくつろいでいるご様子・・・
この発電所近辺には数羽のうさぎ様が生息しているもよう。

大久野島

次回、まだまだ1日目の発電所内散策が続きます。
せっかくなので、色々な角度から撮った写真を公開していこうと思います。
日差しが強過ぎて結構白飛びしてますが・・・(汗

ここは2日目(島の全施設踏破を目指す)の早朝に再度立ち寄ったのですが、
この時は施設の外側中心で色々撮ってました。それはまたその時に、、、


  1. 2010/10/08(金) 21:50:46|
  2. 大久野島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

発電所跡を望む、、、

そろそろ秋~冬になるし、TOPページの写真を差替えたいなと思う今日この頃。
廃墟っぽいのも良いと思いますが、秋らしい写真がないものかと模索中。
ようやくユニークアクセス数も落ち着き、なんとなく平穏を取り戻したかな。


■忘れてました!
大久野島マップをもらって来ているのですが、すっかりスキャンして掲載するの
忘れていました。後で探してスキャンしておきます。ちゃんと保管してあるから
大丈夫なはず。(保管場所忘れたのは秘密です)


現時刻14時20分、炎天下の中発電所跡入り口に到着。
隋道と言うほどではありませんが、結構立派な抗門です。
奥に発電所跡が見え、嫌でもテンションが上がります。
壁にMA60?と書かれていますが、擦れていてハッキリ分かりません。

大久野島

隋道を抜けた先には、かつて発電所だった建物が堂々と鎮座している。
なんと言う迫力、そして建物に絡まったツタ。夏は新緑、秋はこげ茶と
四季を通じて色々な姿を楽しめると思う。

大久野島

この発電所跡は、左側にそびえる本体と上記写真右側にある小さな建物(下の写真)
で成り立っています。そして非常に虫が多いです、夏ですね・・・ぶんぶん飛んでます。

大久野島

発電所跡の説明看板。発電所に関する説明と、ここを管轄する環境省の
名前がプレートに記載されています。

大久野島

■今日のうさぎ様
うさぎ様:「あ~~暑くてやる気でねぇよ・・・」
大久野島

たぶんこの子がボスさん(愛称) 暑くてみんなバテバテのご様子。
大久野島


次回、発電所の中をお見せ致します。
あそこも撮れば良かった、ここも撮れば良かった、ここはアップで!などなど、少々悔いが
残ってしまっています。やはり同じ物件は2回撮りに行かないと駄目かもしれませんね。


  1. 2010/10/06(水) 21:46:24|
  2. 大久野島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大久野島上陸作戦1日目

K-5の事を書いたら一気にアクセスが増え、かなり注目度高いんだなと思った今日この頃です。
しつこいようですが、K-5に興味があってイベントに行ける方は是非行ってみてください。
百聞は一見にしかずという奴ですね(笑 そして私はK-5貯金始めてみました。
さて、また今日から大久野島旅行記の続きをと思います。あまり文字列が多いのも見づらいと
思いますが、軽く大久野島の歴史に触れておきたいと思います。


■大久野島の歴史 概要(詳細はWiki等参照)
大久野島はかつて地図から消された島と呼ばれており、戦時下での化学兵器製造(毒ガス)を
行っていた島である。当時の陸軍発行の地図にも大久野島は存在しておらず、その存在は秘匿
され続けていた。ここで生産されていた毒ガスは、猛毒のイペリットガス、ルイサイトガス、
クシャミガス、催涙ガスの4種類であったらしい。最終的に、太平洋戦争終戦時にGHQにより
島内に残留していた毒ガスが廃棄されたのだが、海洋投棄や火炎放射器による焼却、島内への
地中処分など結構適等に処理されたのである。そのため、現在でも地中の深い場所ではヒ素濃度が
高く、汚染されたままの状態になっている。まさに戦争の負の遺産とも言うべきか。

と、そんな場所ではありますが、現在は野生の穴うさぎが大繁殖しており、うさぎの楽園として
その名を轟かせています(笑 うさぎ好きの聖地とも言われています。実際私も自宅でうさぎを
飼っており、廃墟もあってうさぎもいるこの島は年数回は訪れたい所ですね。色々と負の遺産を
受け継いでいる大久野島ですが、昔の遺跡をみるのも良し、うさぎと戯れるのも良し!!
むしろここに来られる方の9割以上がうさぎ目当てなんですけどね(汗


第2桟橋からお迎えのバスに乗り込み、運転手のおっちゃんの解説を聞きながら走る事10分。
休暇村@大久野島に到着です! 結構大きな宿舎で、建物2階の両端が温泉になってます。
早速チェックイン手続きをして、荷物を預けて夕飯まで軽く散策に出発。瀬戸内海という
立地もあると思いますが、物凄い熱さで汗が吹き出て来ます。

大久野

宿舎の外にでてまず最初に出迎えてくれたのがこの子(笑
人になれているとは聞いていましたが、ここまでとは思いませんでした。
今後うさぎさんの写真も多数掲載していきますので、遺跡と合わせて楽しんで頂ければと。

大久野

こっちにもうさぎさんが・・・そっちもあっちにも(汗
うさぎさん達を撮りつつ、発電所跡に向けてふらふら歩いていきます。
何だかんだでたどり着く前にうさぎさん他100枚ぐらい撮ってました。

大久野

大久野

大久野

休暇村本館からキャンプ場を通過し、海沿いの道を歩くこと60分少々(色々撮ってたので)
フェリーを下りた第2桟橋付近までやってきました。この時時刻は14時を回ったところ。
日差しが痛い事この上ない。写真は良いのがなかったので、15時半頃休憩していたときのです(汗
ココまでの道中見て回って来た所はまた後日掲載予定。

大久野

第2桟橋を過ぎてそのまま5分ほど歩くと発電所跡の看板が!!
この目で見たかった発電所跡にようやく到着です。

大久野

一頻り悶えた後、ふと振り返ってみると海と景色が綺麗でため息が(笑
瀬戸内海って良い所ですね、非常に熱くて日差しが痛いですけど。

大久野

次回は発電所跡入り口からスタートです。そしてしばらく発電所づくしになると思いますが、
ご容赦頂ければと思います。1日目と2日目の両日とも訪れて、それはもう撮りまくりましたので(汗


  1. 2010/10/04(月) 22:00:18|
  2. 大久野島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

番外編:Pentax K-5をいじってみた!

今日は閑話休題と言うことで、昨日秋葉でいじったK-5の使用感などについて書いてみようかと思う。
正直カメラに関する細かな解説は出来ませんが、かなり楽しかったので頑張って書いてみる。
今月中にあちこちでタッチ&トークライブイベントが行われるので、いける方は是非行って
触ってみることをお勧めします。なんていうか、非常に楽しいカメラに仕上がってる(笑

■イベント情報
http://www.camera-pentax.jp/k-5/event/

K-5

■超高感度撮影
まずは超高感度撮影(ISO 51200)を試してみました。
撮影した画像を頂けるわけではないので、実際にお見せすることが出来ないのが残念。
ちなみにK10D以降のカメラには触っていないので、その衝撃は凄いものだった。
暗い室内で動いている人形を試写出来たのだが、こんなシャッター速度で良く撮れるなと。
細かい数値を覚えて来れば良かったのだが、それ以上の驚きというか何というか・・・
そして思ったよりノイズが乗っていなく、搭載されたAutoNRが動作していると思われる。
といっても、ノイズの感覚は人それぞれなので一概に少ないとは言い切れませんけどね。

■7fpsの連射撮影
スタッフの人と話ながら色々と弄らせてもらって、7fpsの連射を試してみた。
最初何が起こったのか分からなかったのはココだけの話。
その為2~3秒ぐらい押しっぱなしにしてましたが、快調に撮影されてました。
こんな芸当K10Dじゃ出来ませんから、凄い衝撃的でしたね。

■シャッターの押し心地
いつから変わったのか分かりませんが、半押しとか凄く軽くなってた。
全体的にソフトタッチ?な感じですね。重いシャッターになれていると、
違和感しかありませんが、なれれば軽くて非常に使いやすいと思います。

■ミラーのアップ時の衝撃
比較対象がK10Dになってしまいますが、ミラーアップ時の衝撃がほとんど無い。
これって本当に凄くない?? サクサクサクサクって感じでしょうか。

■デジタルフィルタ
色々なデジタルフィルタをかけられる模様。銀残しは結構良い感じだったなぁ。
撮った写真を帰りの電車の中とかでいじれるのは素敵かもしれない(笑

■HDR撮影
JPEG撮影時限定ですが、「手持ち」でHDR撮影が出来るようになっています。
広角レンズ借りて手持ちHDRやってみましたが、結構撮れるもんですね。
今回は時間の都合上AutoHDRで撮影してみましたが、色々マニュアルでいじれるみたい。
手持ちで夜景とか夕暮れを撮影する時には、意外と便利な機能ではないかな??
一応自動で位置補正はしてくれるが、三脚使って撮るに越したことはないと思う(笑

他にも新機能含め色々あったけど、実際に触ってみるのが手っ取り早いかな。
一晩たって、本気でカメラ貯金しようかと・・・ホント楽しかったからなぁ(汗

■会場の写真Etc
K-5

K-5

綺麗に割れてます(笑
K-5


K-5

みんなカンファレンス聞いているので、体験コーナーは空いててグッジョブ!
中央右よりのブースが超高感度撮影体験コーナーで、左側がスタッフに質問や説明して
もらいながらK-5をいじれるコーナーになってました。
K-5

K-rシリーズがいっぱい(笑
K-5


  1. 2010/10/03(日) 19:25:10|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大久野島上陸

先日12年間使い続けたキーボードが永遠の旅に出てしまい、今日は秋葉で新しいキーボード購入と
Pentax K-5のタッチ&トークライブに行ってきました!! いやぁK-5凄いです・・・今現在愛用
しているK10Dが06年11月末発売ですので、約4年が経過してます。この4年間の技術進歩って
凄いものがありますね。会場で広角レンズとあわせて使わせてもらいましたが、色々スムーズ。
発売は10月末予定で、価格は12~13万ぐらいになるらしい。金はないけど非常に悩む逸品!!
それでは大久野島旅行記の続きと参ります。


三原駅から30分ほど呉線に揺られ、忠海駅に到着です。
ホームは上りと下り?で2路線ありますが、単線と言う事もあり片方しか使われていません。
そもそも1時間に1本しか走りませんからねぇ。

大久野島

駅で写真を撮っていたら、大学生風のお兄ちゃん二人に、記念撮影を頼まれました。
夏休みですし、旅行に来たのでしょうか?

大久野島

忠海=大久野島と言う事もあり、駅のホームには大久野島MAPが。。
駅の看板にもうさぎの絵が(笑 うさぎ好きには本当にたまらない島ですね!!
私もうさぎを飼っていますが、うさぎもいて廃墟もあるこの島は最高です。

大久野島

駅から徒歩10分ほどの所にある忠海港よりフェリーに乗車します。
瀬戸内海の海は太陽の日差しが強すぎて、正直最悪と言わざるを言えません(汗

大久野島

大久野島に向けていざ出向!!
最初は室内にいましたが、熱いのでデッキ?に出てきました。
日差しは強いですが、風がとても心地よかったです。

大久野島

しっかし瀬戸内海は凄いですね。
全体的にガスっている感じがしますが、これは海水が蒸発しているからかな?

大久野島

そうこうしているうちに大久野島が見えてきます。
本州と四国を結ぶ電力用の大鉄塔があり、高さは226mあります。

大久野島

そしてフェリーの発着場である第2桟橋のそばにあるのが、今回のメインの1つである
発電所になります。第2桟橋から徒歩5分ぐらいですね。フェリーからこれが見えたとき、
妙にハイテンションになってました。

大久野島

午前5時半に自宅を出発し、13時20分に大久野島到着です。
今回乗車したフェリーは、見ての通り結構小型なんですよね。
写っているのは、折り返しで忠海に戻られる方々です。

大久野島

そして桟橋には宿泊施設である休暇村@大久野島の送迎バスが来ているので、
これに乗り込みまずは荷物を置きに向かいます。せっかくなので、次は大久野島の
簡単な歴史紹介からかなぁと思っていたり。

大久野島


  1. 2010/10/02(土) 20:43:20|
  2. 大久野島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

プロフィール

雪村 柚鈴(ゆきむら ゆず)

Author:雪村 柚鈴(ゆきむら ゆず)
今日も元気に生きてます。HP作って約10年、、、その後引退してまた帰ってきました。今度は何をしましょうか? 以前のように何かを作るのはやめて、ネタ情報や写真、旅の記録を載せていこうと思っています。

今は写真を撮りながら自分探し中。愛用機はPentax K10D→K-5! カメラ負けしない写真を目指して頑張ります。ちなみにちゃんと写真撮り始めたのは10年6月頃だったり・・・

最新記事

カテゴリ

雑記 (49)
廃墟と廃っぽい所 (173)
単発廃写真 (18)
廃ループ橋 (7)
隔離病棟 (13)
廃ロープウェイ (10)
廃線 (12)
大久野島 (21)
土合駅 (8)
小串鉱山 (11)
大仁金山 (3)
玄岳 (5)
大谷資料館 (13)
廃資料館 (16)
廃宿泊施設 (11)
K海軍航空隊基地跡 (5)
廃割烹料亭 (2)
廃トイレ (3)
房総半島 (12)
紡績 (1)
夜景 (13)
工場 (7)
Etc... (3)
未分類 (15)
首都圏外郭放水路 (4)
鉄剣タロー (2)
HDR (1)
うさぎ (6)
ニコ動 (1)
食べ物・飲み物 (9)
ドリンク (5)
甘味 (4)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク


 リンクフリーです


にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ にほんブログ村 写真ブログ 夜景写真へ
にほんブログ村

このブログをリンクに追加する

注意

当HPでは廃墟写真を取り扱っておりますが、廃墟探索を推奨するものではありません。当サイトの情報を元に探索し、事件・事故・トラブル等が発生しても一切の責任を負いません。

また、全コンテンツの無断転載を禁止致します。何かありましたら、☆を@に変えて下記連絡先までお願い致します。ghct9a☆gmail.com

カウンター

Twitter(試験導入)

TweetsWind

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。