Solid State


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

千葉房総の旅13

ご無沙汰しております雪村です。
気がつけばカウンターも10000HITを超えており、これもひとえに皆様のおかげかと思っています。
相変わらずのスローペースですが、今後ともご贔屓にして頂ければ幸いです。
さて、今日は房総の廃未成橋最終回となります。長々と続いてきた房総物件も残り1つ+α。
記憶が薄れる前に全てUPしきりたいですね!!

そんなこんなで、対岸まで渡ってきました。
某氏が先行して撮影に出かけておりますが、当日はかなりの強風で結構怖かったです(汗

千葉件房総の旅

鉄骨の幅は35センチ程度で、表面はさび付いている物のかなりしっかりしています。
横のガードレールからも見て分かるように、橋本体との連結部分ですね。
橋部の横の鉄骨は頑丈ですが、中央部が細いので渡なんて事は無謀の極みかと。

千葉件房総の旅

私も対岸から対岸を見るため橋部まで行ってみましたが、橋自体が緩やかなカーブを描いている
ためギリッギリ見えるか見えないかという状態。秋になり草木が枯れればもう少し見えるかな?

千葉件房総の旅

うち捨てられた時速20kmの標識・・・もの悲しい。

千葉件房総の旅

近くにうち捨てられた廃車がありました。建設当時に持ち込まれ、そのまま放置されたのかな?
良い感じに朽ちており、見応えがありました。

千葉件房総の旅

さらに先に進むと、ゴルフ場の建設予定地にたどり着きます。
何にもありませんね・・・仮設橋もそうですが、この更地もバブル期の遺産って奴ですね。
ここが再開発される日は来るのだろうか?

千葉件房総の旅


スポンサーサイト
  1. 2012/08/13(月) 18:14:25|
  2. 房総半島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

千葉房総の旅12

皆様ご無沙汰しております。なにやら1ヶ月更新していなく、広告が表示されておりましたorz
もう最近は更新頻度に対し未公開物件数が激しく増え続けており、そろそろ1年ちょっとの
熟成期間が発生しそうな勢いです(ぉ 6月も15物件以上20物件未ほど行ってますし(^^;;

そんな感じで、対岸に渡るべくしたの沢に降りる道を探してうろうろ(笑

千葉県房総の旅

途中崖っぽい所にロープが渡されているのを発見し、それをたどっていったら沢まで降りられた!
これで伝わるかなぁ? こいつのでかさが尋常でないことがw 18mmでギリッギリはいりました。

千葉件房総の旅

ちょっと後ろに下がるともうこんな感じ。山菜採りの人がこれ渡とか冗談だろww
(実際噂だけで、渡人は居ないと後日聞きました。そりゃそうですよね~余裕で落ちる!)

千葉県房総の旅

鉄橋の足回りはこんな感じ。ちょ~っと現像サイズ間違えたけど、ご愛敬と言うことで今回は
許してくださいお願いしますorz
しっかしこれだけの巨大物となると、どこをどう撮って良いのか分からないね。

千葉県房総の旅

鉄橋の下から上を見上げたところ。たけぇぇぇ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
上から下を見るのも怖いけど、下から上をもあげるのも怖いですほんと。

千葉県房総の旅

次回はこの足回りの裏側の崖を登り、対岸に向かいます。
こちらもロープ伝って登り下りをするので、結構大変なんですよね。


  1. 2012/07/07(土) 22:52:22|
  2. 房総半島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

千葉房総の旅11

タイトル長いので短くしました(笑 そんな感じで約2週間ぶりの更新となります@ご無沙汰です。
さて、橋からしばしの間「未成だと思っていたら、仮設橋だった!(最近知った)」のレポです。
どうやらこの先にゴルフ場を作る計画だったらしく、重機の搬入とかで使われたらしい。

橋の渡り口ですが、草木に覆われて何が何だかさっぱり分かりません(笑
右側中央に人影がありますが、1人づつしかこの場所に行くことは出来ない。

千葉県房総の旅

場所交代して撮影したのがこちらっ! かなり凄いのですが、迫力無いですね~(^^;
みての通り鉄骨の骨組みだけが残されています。この日は台風の影響でかなりの風が
吹いており、流石に気合いと根性だけで進む気は起きませんでした。

千葉県房総の旅

ちょうど良いのが1枚合ったのでUP。これで鉄骨の幅がどのぐらいか分かるかな?
大体靴1足分の幅しかありませんw ハッキリ言って写真撮ってる位置でも怖い。

千葉県房総の旅

右側の橋桁上あたりから写真撮ってた感じかな?

千葉県房総の旅

橋桁はこんな感じ・・・みての通りめっちゃ高い((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
上で撮影しているときはそこまで気にしなかったけど、実際に下から見ると凄いのね。

千葉県房総の旅

噂によると山菜採りのおっちゃん達はこの橋を渡るという・・・
流石に達人のまねは出来ないが、対岸まで行くために周囲をうろうろ。
何とか沢まで降りられないか探索を開始するのであった。


  1. 2012/05/27(日) 21:24:56|
  2. 房総半島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花園・キョン・雪村と行く千葉県暴走廃ツアー⑩

第10回目に突入しました房総ツアーですが、廃ホテルは今回が最終回。
あんまり見せ場というか面白そうな部屋を紹介できなかったのが残念だ・・・
まっ、こういう物件もあったという事で1つよろしく(笑

入り口から再奥の部屋(出口側)は内装もかなり綺麗な状態で残っていた。
見ての通りお風呂場の保存状況はよく、なぜかべっ甲がお出迎えしてくれる(爆
ちなみにお苦の湯船だが、小さい画面で友人に見せたのが悪かったんだと思うが
【何?このゴールデン便器www】と、大爆笑されたw

千葉県房総の旅

上の写真の五重塔近辺のアイテム、あえて多くは語るまい・・・
もうちょっとローアングルから色々撮影してみたら面白かっただろうな~。

千葉県房総の旅

後はちょっと小洒落た電話が設置してある部屋とか、、、←電話凄くイイッ!

千葉県房総の旅

それから回るベッドが設置してある部屋とか。

千葉県房総の旅

ボッケボケだけどこんな感じの所もある。
意外と照明が素敵なのだが、激暗所+天井なので今後も美味く撮れる自信はない(^^;

千葉県房総の旅

といった感じでこのホテルは終了となります。
ちなみにこのホテルの裏にも廃ホテルがあるので、敷地をちょっとだけ覗いてみました。
こちらは全体的に綺麗な状態で保管されてますね~。でも次の物件へ向かいます(笑

千葉県房総の旅

■次回
未成だと思ってたら仮設だと言うことが最近発覚した某鉄橋に向かいます(笑
山菜採りのおっちゃんは平然と渡るという曰く付きの橋・・・果たして我々は渡ることが出来るのか!?


  1. 2012/05/07(月) 21:52:16|
  2. 房総半島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

花園・キョン・雪村と行く千葉県暴走廃ツアー⑧

ようやく第8回です! 引き続きがんばります(^^;
先日は埼玉県某所に出かけておりましたが、お天気も非常に良く絶好の廃墟日和でした。
気温も私的に適温で、Tシャツ・タートルネック・タクティカルジャケットだけでやや汗ばむ感じかな。
1年通じてこのぐらいの陽気なら最高なのにな~。さて、今日も引き続き某廃ホテルの中です。

周りが暗色ばかりの室内に、ひときわ目立つ赤!

千葉県房総の旅

部屋の鍵?室内の金庫の鍵?

千葉県房総の旅

千葉県房総の旅

もうどこの部屋の天井だか覚えていない(爆
天井一面金ぴかで凄かったことだけは鮮明に記憶に残っている。

千葉県房総の旅

色々凄すぎてコメントが思いつかない。
和洋折衷混ざりすぎだと思うんだ・・・orz

千葉県房総の旅

そんなよく分からない部屋が続く中、このお風呂場は凄く良い作りをしていた。

千葉県房総の旅


  1. 2012/04/02(月) 22:06:39|
  2. 房総半島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

花園・キョン・雪村と行く千葉県暴走廃ツアー⑦

今日は突発的に焼く肉喰いにアキバの肉ビル@万世に行ってきました(ぉ
1年ぶり?ぐらいに行ったけど、メニューとか色々変わってたな。
それはさておき、週末の探索予定が全く決まらずどうして良いのか右往左往中(^^;


特別室に入ると名物の鹿さんが待ち受けています。
可愛い瞳で静かに室内を眺めている・・・最初の和室といい剥製が多いな~。
画面中央右側のレトロ電話がとても格好いい!! ちゃんと撮ってないので今度撮る。

千葉県房総の旅

ベッド脇?にあったルームライト。
特別室と言うだけあって、結構デザインが良い小物が多数用意されている。
室内に窓はなく真っ暗なので調度品をじっくり観察できなかったのが残念。
床も相当腐っていてぼろぼろだし、ものすごいかび臭いのがきつかったorz

千葉県房総の旅

ベッド頭上のブラウン管テレビ。
チャンネル切り替えがアナログだが、アナログ用のリモコンがあった・・・気がする!
もうしばらくしたらこれも天井から落ちてきそうな気配。

千葉県房総の旅

特別室はこんな感じでほとんど撮れてないのですが、和室1の外側を抜けて別の部屋へ移動。
1回下の駐車場に降りて、別の階段からのぼったんだったかな??

千葉県房総の旅

駐車場から別の階段を上って、どっかの通路に出た。
だいぶ位置関係が分からなくなってきているが、2階にいることは確かだw
まずは「消化器」と書かれている札のほうに右折し、見て回ってみよう。

千葉県房総の旅

ハイシーオレンジ発見ヽ(゚∀゚)ノ
見た目飲めそうな気もしないではないが、チャレンジする勇気はない(笑

千葉県房総の旅

ほかにもファンタグレープとか、サイダーなんかも未開封で残されていた。
なかなか古い物だし、ちょっと観察してみたい衝動に駆られる。

千葉県房総の旅

次回、、、
食堂?厨房?管理人室??みたいな所がそばにあったので覗いてみます。


  1. 2012/03/25(日) 23:12:31|
  2. 房総半島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

花園・キョン・雪村と行く千葉県暴走廃ツアー⑥

こんばんは、雪村です・・・めちゃくちゃ忙しくて倒れそうです冗談抜きにorz
ついでに色々あって強烈に更新が遅れていて大変申し訳ありません。
探索に出かける余裕すら取れないのはつらすぎるぜぃ(T△T)

特別室@剥製のある部屋です。(仮に和室1とします)
6畳ぐらい?の広さで、いすとテーブルが置いてあります。
かなり狭いので、今回使用した標準レンズ(18-55mm)では全く収まりません(汗
とてもとても局所的なものが続きますが、リベンジを誓っていますので次回こそはっ!

千葉県房総の旅

和室1から寝室へ続く・・・池に架かる橋??
凄くわかりづらいですが、石で作られた池にスノコみたいな橋が架かってます。
なんというか、この時点で作りがよくわからなくなってきたww
わかりづらいかもしれませんが、中央扉の右側にぶら下がってる看板に【寝室】と書いてあります。

千葉県房総の旅

寝室に向かうべく扉をくぐると、凄く狭く長い廊下が・・・正直二人で並んで歩くには狭すぎます。
手前の部屋もそうだけど、ココを作った匠の意図がわからない(^^; 
カーテンの裏側の窓が開いており、時折風でゆらゆらする光景が何ともいえず。

千葉県房総の旅

折角なので↑を撮影したポイントから振り返ってみた。
とても洋風な街路灯がぽつーんと1機佇んでいる・・・

千葉県房総の旅

カーテンの外にある庭には竹が生息しており、徐々に竹藪になろうとしている。
時折吹く強風により葉がカサカサ音を立て、大変心地の良い音を奏で安らぎを与えてくれる。

千葉県房総の旅

折角なので外に出てみたが、もう竹藪と言っても良いんじゃないかと。
よく見ると中央の左右に石が積んであり、この庭に池というか川みたいなものがあった痕跡が
見受けられる。現役当時はいったいどのような風景を見ることができたのだろう?

千葉県房総の旅

次回は寝室に入って一気に先に進んじゃいます。
リベンジしたときに事細かに撮ってくるので、ダイジェストっぽい感じで。


  1. 2012/03/20(火) 22:06:40|
  2. 房総半島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花園・キョン・雪村と行く千葉県暴走廃ツアー⑤

こんばんは、雪村です。この調子だと秩父探索とか他の写真公開までえらい時間がかかるので・・・
頑張って週2回から3回の更新を目指します!! 先日も某温泉街に行って来ましたし、未公開が
溜まる一方なので(^^; 回数減りそうなときは枚数増やすなどの対応をしていく予定です。

ではいよいよモーテル駐車場に入っていきます。入り口にはアンテナ注意の看板が。
今時の車は伸ばすタイプの外部アンテナが付いていませんが、一昔前の車には付いてます。
もちろん私の愛車にも付いているので、引っかけて折れないようにってことですね。
古い建物はこういう箇所もチェックしてみると、歴史を感じられて面白いです。

千葉県房総の旅

駐車場内は真っ暗で、小森さんが1匹生息していました。
突然の来訪者とLEDライトの明るさで寝ている所を邪魔してしまいました(^^;
小森さんはむやみに刺激しなければ特に何かされる事はありません。

千葉県房総の旅

入ってすぐ左手が有名な特別室。普通こういう部屋って最奥に作るんじゃないの?
これも設計当時の思想等が反映されているのだろうか・・・う~ん、謎だ。

千葉県房総の旅

光線スイッチのボタンがあります。説明によると、光線を遮るとシャッターが閉まるそうです。
部屋へはここに車を止め、シャッターを閉めて後ろにある扉から上に上がる方式になってます。
モーテルとしてはこれが普通なのか、レアなのか私には判別が尽きません(^^;;

千葉県房総の旅

お値段はちょっとそこいらのホテル並みの価格。
ご宿泊が12,000円だったら、2食付きで結構良い処に泊まれるよね(==;
一体どうなってるんだ、この特別室って奴は!?

千葉県房総の旅

相当怪しい状態の木製階段を上り・・・たどり着いた先にはこんな子が!?
かなり焦りましたね~こればっかりはorz

千葉県房総の旅

次回はこの部屋の中を見回っていきます。


  1. 2012/03/04(日) 21:58:49|
  2. 房総半島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

花園・キョン・雪村と行く千葉県暴走廃ツアー④

期末に近づくにつれ仕事量が激増している・・・もう止めてっ!雪村のライフはとっくに0よ!
そんなわけで、合間見つけて更新しております。今日から2物件目の某モーテルに潜入します。
ここはかなり有名処なので、ご存じの方は多々いるかと思います。ちょっと写真はないのですが、
素敵なハプニングがありました(笑 それはまぁ追々という事で。

千葉県房総半島某所に存在するホテル○林。
入り口の左右は緑に覆われており、和風テイストの入り口となっている。
現役時代はかなり立派だったのだろう・・・今もなおその面影を残しつつ時の流れに身を任せている。

千葉県房総の旅

入り口右側の柱に錆びついたボタンが付いていた。
これは来訪者が押して扉の開閉をしていたのだろうか??
当時ここを利用した人に是非話を聞いてみたいと思う。

千葉県房総の旅

まっすぐ駐車場に続く道が延びており、左右には竹が生えている。
風で竹の葉がカサカサ音を立て、なかなか風情がある良い光景だ。

千葉県房総の旅

次回からいよいよ内部に入っていくが、前もって言っておくと完全に光量不足でシャッターが切れず
ブレブレだったりかなり終わっている写真が多い。最終的にはちょっと諦めてた(^^;
そんな状態のため、あまり多くの写真は存在していない。リベンジを誓っているので誰か行かない?
今不足した物をあげるとしたら、絶対的な光量と広角レンズだな。18-55mmじゃきつい、ここは。


  1. 2012/02/20(月) 21:31:16|
  2. 房総半島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

花園・キョン・雪村と行く千葉県暴走廃ツアー③

期末になるにつれ、日々の業務が激増していくのは何でですかね??
特に駆け込みは勘弁して欲しいですわ~、今期中の実施が確定してるなら前もって言って下さいorz
はてさて、房総ツアーも第3回目です。今回でこの無線送信所跡は終了となります。
そして楽しかった某ホテル・・・写真見直してたらボツばっかで凹んだ(==;;
どーするよ次回からw 時間が出来たらもう1回撮りに行くよ、1人は寂しいから誰か誘ってね。



千葉県房総の旅



千葉県房総の旅



千葉県房総の旅

閉!!

千葉県房総の旅

輪を綺麗に1列に並べて撮ったり、色々試行錯誤してみたけどなかなか上手くいかなかった。
構図も悪いんだけど、台風来てて曇ってたのが残念だったなぁ・・・
スカッと晴れてたらもう少し面白く出来たかも~って気がする。(天気のせいにするなw)

千葉県房総の旅

まだ午前6時を少し回った時間だったが、残暑が厳しく既に暑く汗だくorz
暑さに対してとことん耐性がない私は、一抹の不安を抱えつつここを後にするのだった、、、
なにってそっりゃあれだ、折角遠征してきてるのにバテて足引っ張るわけにはいかないジャン!w


  1. 2012/02/13(月) 20:48:31|
  2. 房総半島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ

プロフィール

雪村 柚鈴(ゆきむら ゆず)

Author:雪村 柚鈴(ゆきむら ゆず)
今日も元気に生きてます。HP作って約10年、、、その後引退してまた帰ってきました。今度は何をしましょうか? 以前のように何かを作るのはやめて、ネタ情報や写真、旅の記録を載せていこうと思っています。

今は写真を撮りながら自分探し中。愛用機はPentax K10D→K-5! カメラ負けしない写真を目指して頑張ります。ちなみにちゃんと写真撮り始めたのは10年6月頃だったり・・・

最新記事

カテゴリ

雑記 (49)
廃墟と廃っぽい所 (173)
単発廃写真 (18)
廃ループ橋 (7)
隔離病棟 (13)
廃ロープウェイ (10)
廃線 (12)
大久野島 (21)
土合駅 (8)
小串鉱山 (11)
大仁金山 (3)
玄岳 (5)
大谷資料館 (13)
廃資料館 (16)
廃宿泊施設 (11)
K海軍航空隊基地跡 (5)
廃割烹料亭 (2)
廃トイレ (3)
房総半島 (12)
紡績 (1)
夜景 (13)
工場 (7)
Etc... (3)
未分類 (15)
首都圏外郭放水路 (4)
鉄剣タロー (2)
HDR (1)
うさぎ (6)
ニコ動 (1)
食べ物・飲み物 (9)
ドリンク (5)
甘味 (4)

月別アーカイブ

最新コメント

リンク


 リンクフリーです


にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ にほんブログ村 写真ブログ 夜景写真へ
にほんブログ村

このブログをリンクに追加する

注意

当HPでは廃墟写真を取り扱っておりますが、廃墟探索を推奨するものではありません。当サイトの情報を元に探索し、事件・事故・トラブル等が発生しても一切の責任を負いません。

また、全コンテンツの無断転載を禁止致します。何かありましたら、☆を@に変えて下記連絡先までお願い致します。ghct9a☆gmail.com

カウンター

Twitter(試験導入)

TweetsWind

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。